FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
クリスマスイブにロールキャベツに挑戦!
今日はクリスマスイブなので、少し豪華な夕食を食べたい。だが、つわり中の妻の胃にもやさしい料理をと考え、ロールキャベツを作ってみた。

20091224_RollCabbage.jpg

手順
1. 鳥ミンチ、豚ミンチ、卵、たまねぎ(みじん切り)、パン粉を練り練り混ぜた。それを8つに分け、それぞれ俵型にまとめた。
2. キャベツを1枚ずつはがし、電子レンジで4分程度温めた。
3. キャベツで1.のタネを巻いた。
4. 妻が作ってくれたスープで煮た。

感想
・タネ1.をしっかり混ぜたにもかかわらず、軟らかくて俵型にまとめにくかった。
・1つめを作ったときは、キャベツをレンジで2分程度しか熱しておらず、キャベツがまだ硬くてしっかりしていたためミンチを巻きにくかった。
・キャベツがごわごわとしていて容量が結構あり、ミンチを巻きにくかった。
・大きなキャベツの葉を使うよりも、小さな葉を使ってつぎはぎにし、形を整えるほうが巻きやすいことに気づいた。

妻のメロンパン
一方、妻はメロンパンを焼いてくれた。初挑戦だったらしく、途中で「失敗かもしれない。」と何度も言っていた。しかし食べてみると、表面はカリカリ、中はふっくらで、結局美味しくできていた。また、見栄えも良いメロンパンだった。

MelonPan.jpg

乾杯
ロールキャベツとメロンパンが出来上がった後、さらにグラスにコーラを入れて乾杯した。お金をかけなくてもそれなりに良いムードのクリスマスイブを過ごせた。
スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

[ 2009/12/24 22:38 ]

| 料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
野菜炒めに挑戦!
明日はクリスマスイブだが、つわりのために出かける余裕はなさそうだ。元々寒さが苦手な妻は、なおさら寒さに弱くなっている。外は大雪だし、クリスマス明けまで氷点下の日々が続きそうだ。数日前に買いだめした冷蔵庫の食材もそろそろ底をつき、クリスマスで店が閉まる前に食材を買いだめする必要がある。

妻も体を動かし、気分転換をする必要があるということで、今日は妻も頑張って一緒に買い物に行くつもりでいた。しかし、この低気圧のためか、体調が悪そうだ。やはり買い物リストだけを作ってもらって、僕が一人でスーパーに買い物に行った。いつもどおり、スーパーでどこに何があるのか、妻が意図している商品はこれのことか、といろいろ迷ううちに2時間も経ってしまった。大雪の中、ようやく帰宅すると、妻が心配していた。

早速買ってきた食材で何か栄養のあるものを・・・と考えたが、すでに夕方6時過ぎであり、何かを手早く作る必要があった。というわけで、昔何度か作ったことがある野菜炒めを作ってみた。

yasaiitame1.jpg


手順
1. キャベツ、インゲン豆、セロリ、グリーンペッパー、ウインナーを刻んだ。
2. フライパンに油をしいて、ウインナーを炒めた。
3. ウインナーがもう少し色が変わるまでと思って火をしっかりと通そうとしていると、妻にもう十分と言われ、妻が野菜を入れてしまった。
4. 野菜を入れた直後に、妻に塩を振ってもらった。(塩だけを先に振ると、野菜から水が良く出て、炒めやすいらしい。)
5. 野菜に火が通ったところで、妻に塩とブイヨンを振ってもらった。味見すると少し薄かったので、妻に塩を追加してもらった。

結果
・炒め具合がちょうど良かった。自分が思うより少し早めに炒めるのを切り上げると良いと思った。炒めすぎると野菜が柔らかくなりすぎてしまうため。)
・味付けは少し薄味だったが、後で皿に持ってから自分でしょうゆを落とせばそれで済んだ。
・味付けだけは妻にしてもらうのが無難だと思った。(味が濃すぎると、つわり中の妻の胃を刺激してしまうので。つわり中は、塩分も控えめのほうが良い。)

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

[ 2009/12/23 08:42 ]

| 料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
焼きそばに挑戦!
妻からのリクエストで、焼きそばを作ってみた。

20091220_yakisoba1.jpg


手順
1. キャベツ、セロリ、ブルービーン、にんじん、たまねぎ、豚肉を刻んで炒めた。(ここでは味付けをしなかった。)炒めた後、これらを一時的にをボールに移してフライパンを空けた。
2. フライパンに油と水を入れて、焼きそばを入れて炒めた。
3. フライパンに、1.で炒めた野菜を追加し、味付けした。(焼きそばパッケージに備え付けの粉末を加えて混ぜた。)

結果
・ちょっと野菜を軟らかくなるまで炒めすぎた気もしたが、つわり中の妻にとっては軟らかめのほうがかえって良かったようだ。
・かなり野菜を多めに入れたせいか、少し薄味になった。野菜を炒めると水が大量に出てくることが分かった。妻のアドバイスによると、1.で野菜を炒めるときに少しだけ自分でも味付けをしておくと、しっかり野菜にも味が付くらしい。

感想
・妻が喜んで美味しく食べてくれたことがとても嬉しかった。最近、焼きそばに飢えていたようで、焼きそばの乗ったフライパンを嬉しそうに見つめていた。妻は、クリスマスの日は焼きそばでもいいなどという冗談まで言った。
・焼きそばは意外と簡単に美味しくできた。単に炒めるだけでできるし、焼きそばパッケージに味付けの粉が添付されていたので、いつものように味付けの分量に迷いや失敗はなかった。
・将来子供ができたら、パパの得意料理として焼きそばを定番としようと思う。きっと子供にも喜んでもらえるはずだ。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

[ 2009/12/20 21:04 ]

| 料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
えび餃子スープに挑戦!
土日に二日かけてえび餃子スープを作ってみた。

手順
1.以下を練り混ぜた。
- 豚のひき肉
- えびの皮をむいて、荒く刻んだもの
- ニラをみじん切りにしたもの
- しょうがを摩り下ろしたもの
- ごま油、片栗粉、塩
2.1.を皮で包んだ。
3.以下を混ぜてスープを作った。
- ブイヨン(鶏がらスープのもととして)
- 塩、しょうゆ、ごま油、こしょう
- 水
- ほうれん草を刻んだもの
- しょうがをみじん切りにしたもの
4.3.とは別のなべで餃子をゆでた。
5.餃子を器に盛り、スープをかけて出来上がり。

結果
20091206_ebi_gyoza_soup.jpg

・手順3.のスープの味に自信がなかった。本には「少々」というあいまいな表現で書かれてあり、数字が不明瞭なのが僕は最も苦手です。味見をしてみたが、薄味のような気もする一方で、自分の舌が信じられなくなってきた。妻に見てもらったところ、薄すぎると言われ、追加でしょうゆとブイヨン、酢を加えられた。この辺の勘はやはり経験を積まないと分からないらしい。
・最終的には妻の助けもあって、美味しいえび餃子スープが出来上がった。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

[ 2009/12/06 13:41 ]

| 料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
もやし&ニラ炒めに挑戦!
今夜はとある懇親会があり、つわり中の妻は一緒には参加できなかった。一流のレストランだったので、妻は参加できなくて悔しそうだった。
懇親会が終わって私が家に帰ると、妻のつらそうな姿があった。少し前にオレンジジュースを飲んだ結果、突然気持ちが悪くなったそうだ。その他、マスカットなども試したが、やけに酸っぱく感じるらしい。

もやしを炒めてほしいというので、ニラと合わせてフライパンで炒め、塩とこしょうで味付けをした。前回のボンゴレパスタでの失敗を教訓に、今回は味見の回数を2度に抑え、味が程よく付いたことを確認した。

結果
・妻は美味しいと言ってくれ、嬉しかった。
・もやしの歯ごたえもある程度残るぐらい、程よい炒め具合であった。
20091205_nira_moyashi2.jpg


教訓
野菜の炒め物ぐらいであれば、さすがに僕でも即席で作ることができ、しかも栄養や味もそれなりに満足できる。やはり、料理初心者の僕があまりはじめから高望みをして難しい料理に挑戦するよりも、一般的に簡単とされる料理を少しずつできるようになっていくのが無難だと思った。

テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

[ 2009/12/05 22:56 ]

| 料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。